この記事では置き換えダイエットの体験談を中心にご紹介しますね!

 

短期計画は失敗のもと!自分を変えるダイエットは長期計画で。

置き換えダイエット
今まであまり体重の増減がなかった方ですが、昨年の健康診断で体重2kg、ウェスト3cm増加し、びっくりしました。筋肉量を増やしながら、元の体重に戻したいと考えました。健康的に痩せたいという意欲が湧きました。

 

既に40代なので、このままの食生活ではこの先太る一方で痩せることなど不可能だと思いました。40代になっても20代の頃と同じ食生活で、お菓子大好き、脂っこいもの大好きでしたので、食生活改善をしたら健康的に長生きできるのではと思いました。

 

  1. 朝食はバタートースト、コーヒー、源氏パイでした。オールブラン、バナナ、ヨーグルト、食べる小魚、白湯に変更しました。
  2. お昼は食堂で定食を食べていましたが、お弁当を持参するようにしました。ご飯の料を半分にし、スープジャーで手作りスープを持参しました。
  3. 夜はご飯に変えて納豆を食べました。

 

痩せてきました。体が軽くなり、フットワークが軽くなりました。気持ち的にも前向きになりました。
運動への意欲も高まり、毎日スクワットを取り入れました。
おやつの時間だからと食べていたお菓子も食べなくなりました。1年後の健康診断で体重−4kg、ウエスト−4cmを達成しました。

 

上手くいきます。続けることが痩せる秘訣です。1週間で1kg痩せたとしてもリバウンドすることは目に見えています。ゴールを1年後のか半年後に設定し、追い込みすぎないことが大切です。今日どうしても甘いものが食べたければ、明日の食事で調整すれば良いのです。楽しみは残しておくことがポイントです。

 

ストレスフリーがポイント!こんにゃく使用で楽々ボディメイク

置き換えダイエット
30歳を過ぎたあたりから、ブクブクと太りはじめてしまいました。「お腹の成長が止まらない」といったところではないでしょうか。おかげで男性からのお誘いがないこともさることながら、お気に入りのファッションアイテムも決まりません。

 

とにかく、見た目が悪いことも気になります。職場の後輩たちからも完全にデブ扱いされる始末です。加えて、何よりもまずいのが、健康面にもマイナス面があることです。健康診断の結果によっては、診療機関への受診を義務づけられることもあります。

 

あれこれと模索してたどり着いたのが、こんにゃくダイエットです。元々、好きだったラーメンやうどん、パスタなどの麺類をこんにゃくに変更しました。そうすることで、通常の麺よりもカロリー摂取を飛躍的に抑制することに成功しました。

 

大好きな麺類を絶つのではなく、麺をこんにゃくに変えて食べるだけなので、我慢や忍耐は不要。ストレスもほとんど皆無です。おまけにボディメイクもできるので嬉しい限りです。家族や職場の仲間からも「スッキリしたね」と言われます。

 

置き換えダイエットをこれから始める方へ!
迷うことなく、上手くいくと伝えます。懇意にしている友達であれば、積極的に薦めることになるのではないでしょうか。なんといっても、基本的なレシピや味付けは変わりなく、使う素材だけが変わるだけです。だからこそ、簡単に誰でもできます。

 

置き換えダイエット成功の秘訣は飽きないメニュー作りから

50代も半ばを過ぎ毎年の健康診断でメタボリック予備軍の烙印を押され続けて数年。何とかしなくては…と思いつつも忙しさに紛れて過ごすうちに、家族から太ったね!と言われました・・・。
洋服も通常のサイズでは入らなくなり、大きいサイズばかり無意識に探している自分がいました。特にお腹周りにお肉が付いた体型だったため、お腹を目立たせないデザインの服ばかり探し回っていました。

 

いくらお腹を隠したい、といってもマタニティーを着るわけにもいきません。何せ年齢的にもう落ち着きや品のある服装でなければスーパーですら恥ずかしくていけません。何とか人並みに痩せないと洋服すらまともに選べないというマイナスポイントが一つ。

 

1.ランチの時間帯に一番空腹感があったので、カロリーを限りなく落としながらお腹にいっぱいになるようなしらたき(糸こんにゃく)を使った一食に置き換えました。つまり、うどん・スパゲッティを全部糸こんにゃくに置き換えたのです。
2.夕食は就寝の4時間前までには済ませるようにしました。一定の体重に減るまでは糖質コントロールのカフェラテ味、抹茶味、いちごミルク味などで置き換えていました。

 

とにかく食欲に任せてバカ食いはしなくなりました。決まった時間に決まった量だけ食べる、ということを繰り返していると人間の体というのは不思議なもので胃が小さくなるのでしょうか、いつも以上の量のモノを食べたい、という気持ちにならないものです。もちろん、ほどほどの食事で過ごせるため動きも軽く、食後の眠気などもなくなりました。体重も順調に減量出来ました。

 

こういったダイエットのための食事は失敗する原因は同じものばかり食べて飽きる→ダイエットを挫折という流れだと思います。人間は弱いものです。最初はモチベーションが高いので我慢できたことが1週間、2週間と続くとちょっとくらい…という気持ちになってしまうもの。ですから、糸こんにゃくのレシピは飽きないように毎日変えていました。甘いもの、からいもの、酸っぱいっもの…と味を変えるのです。ダイエットドリンクだけの置き換えでは甘すぎて私も続かなかったと思います。

 

ケトクレンズは薬局・公式サイトどこが最安値?初回限定79%オフ情報!

ページの先頭へ戻る